不動産を売るならどこがいい?不動産売却で失敗しないための基礎知識と不動産会社の選び方などをご紹介

このサイトでは、現在所有している不動産を売却したいとお考えの方に最適な不動産売却で失敗しないための基礎知識と不動産会社選びの方法について分かりやすくご紹介しています。
売却はできたけれども他社に依頼した方が良かった、このような後悔をしないためにも仲介業者を選ぶときには比較が大切ですし、不動産は地域や売る時期などによっても査定額が変動します。
また、不動産を売る方法は仲介だけなく買取業者を使う方法があるなど幅広くご紹介しているので参考にされることをおすすめします。

不動産を売るならどこがいい?不動産売却で失敗しないための基礎知識と不動産会社の選び方などをご紹介

不動産売却は、最初に不動産会社に査定を依頼して売却価格を決めることが先決です。
査定は数社に依頼することで対応の良し悪しが分かりますし、根拠ある提示額なら安心して任せることも可能です。
なお、媒介契約は不動産売却では必須になるのですが、契約方法には3通りがあることを覚えておきましょう。
また、一般媒介契約は複数の会社に仲介の依頼ができますが、他の2つは依頼できるのは1社のみ、このような知識も不動産売却では必要です。

不動産売却を検討したらまずはじめにやること!

不動産を所有しているような場合は、各自で自由に有効活用していくことができます。
当然ながら売却をすることで現金化するようなことも難しくありませんから、お金が必要な場合は不動産売却を検討してみてもいいかもしれないです。
実際に不動産売却をやりたいと考えている場合は、最初に売却する方法について調べないといけませんから、インターネットなどで各自で情報収集をするのが大切になります。
インターネットを利用することで、専門的な知識も簡単に身につけることができますから、実際に不動産売却をするときに有利な状態になることが可能です。
何も知識がないような状態で売却に挑んでしまうと、不当な扱いをされてしまうことも珍しくありませんから、損失を防ぐためにも最初に勉強をするのが重要になります。
そのような勉強をしたくないと考えている場合は、専門的にサポートしてくれるところを探すといいかもしれないです。
不動産売却を専門的にサポートしてくれるところが存在するので、実際にサービスを利用すれば安心して売却できます。

不動産売却はどのように進めていけば良いのか?売却時の流れ

不動産売却の方法は、大きく2通りに分けることができます。
ひとつが不動産会社と媒介契約を結び、買い手を探してもらう方法で、もうひとつは不動産会社に直接買取をしてもらうやり方です。
一般的には媒介契約の方が高値で不動産売却を行ないやすいとされています。
しかし買い手を見つける必要があるため、直接買取と比べると時間がかかりがちという短所があります。
双方にメリットとデメリットがありますので、どのように手放したいのかを踏まえて判断しましょう。
続いての流れは、不動産会社からの査定を受けることです。
満足度の高い売却を行なうには、不動産の価値を適切に掴んでおく必要があるため、査定士に物件を見てもらい金額を確かめておくことが大切です。
そして査定額は各不動産会社によって異なることから、できるだけ複数の会社にアプローチすることが望ましいでしょう。
また、金額の良し悪しだけでなく、信頼のできる会社なのかも見極めながら選び出すことで失敗をしづらい不動産売却を行なえるはずです。

不動産売却は事前の準備で左右される!査定時に必要なものとは?

不動産売却にあたっては、依頼先の不動産会社のスタッフが実際に現地を訪れて物件をすみずみまで確認して評価する不動産査定のプロセスを経ることとなります。
まだ具体的な依頼先が決まっておらず、会社を選定しようとする段階であれば、複数の不動産会社に物件のおおまかなデータだけを送って机上で査定してもらう、簡易査定の方法も使えます。
いずれの場合もそうですが、査定価格をできるだけ高くしたいのであれば、事前の準備もしっかりとしておくことが重要です。
そしてこの査定結果が結果的には不動産売却の成否を決めることになるわけです。
そこで準備したいものとしては、物件の登記簿謄本や固定資産税評価証明書などが挙げられます。
これらは簡易査定であっても物件の面積や構造、築年数などの基本データを確認する上で不可欠です。
また地積測量図や公図、建物平面図などの資料があると、査定担当のスタッフとしてもさらに的確な査定が行えるといえます。

良い結果を出すためにやること!不動産売却は査定のタイミングが重要!

相続などで不動産を所有した場合、そこに住む予定がなければ、選択肢の一つに不動産売却を検討することはよくあることです。
近年は所有に伴う負担などの影響により不動産売却を検討される方も多いですが、実際に査定を受ける場合にはタイミングを見計らうことが重要になります。
出来れば高値で売却をしたいとすることも売り主が考えることで、その良い結果のためにやることにポイントが存在します。
まずタイミングは将来の金利上昇が発生する前に査定を行うことで、これは大抵は不動産の購入はローンを組むことが多いためです。
購入には多くの金額がかかるので金利が安い方が利息の発生が抑えられるので、その時の方が需要が旺盛で多少の高値でも購入を検討される可能性が高まります。
不動産も物の値段と同じように、需要と供給の関係がありますので、当然にお金を借りてまで購入しようとする買い手が少なくなると安くなってしまいます。
従って低金利時代の方が需要が多く見込まれるので、将来の金利上昇が起きそうな場合、現時点で査定を受ける方が得策です。

不動産会社で依頼する前にきちんと準備を!不動産売却時に必要な書類について!

不動産売却を依頼したい不動産会社が決まったら、事前に準備しておきたい書類がいくつかあります。まずは本人確認のために運転免許証などの身分証明書は必須ですが、そのほかにも物件の登記済権利証や登記識別情報、固定資産税評価証明書、印鑑登録証明書なども重要です。これらは不動産売却時の契約にあたって、あるいはその直後の不動産の所有権移転登記のために法務局に提出したりします。これらの書類はおおむね地元の市町村役場の窓口で手に入れることができますが、1枚ごとに所定の手数料がかかりますので、現金の持ち合わせはあったほうがよいでしょう。これら以外にも必須ではないもののあったほうが売却金額のアップなど有利になり得るものがあります。たとえば地積測量図や境界確認書などは土地の面積や境界が正確に確定されている証拠になります。地盤調査報告書や住宅性能評価書なども、その物件が安全であることを確認する上で役立つものですので、手元にあれば用意しておくべきといえます。

不動産会社は一つに絞る?複数に依頼?不動産売却時の査定依頼方法!

戸建て住宅や分譲マンションなどを不動産売却で売ることを決めた方は、査定依頼をする際には1社ではなく複数の不動産会社を利用することが最善策です。一つに絞る方法では他社の査定額が分からずに、低価格で売られてしまうリスクがあります。少しでも高い価格で不動産売却を行うには、ネット上で完全無料で利用できる不動産売却用の一括査定サイトが非常に便利です。サイトの運営会社によって悪質な業者を入れない方法を採用していることから、登録をしている不動産会社は信頼できる会社に厳選しているので安心です。利用者は1度の情報入力でいくつかの不動産会社から査定額が出させることになり、この時点でも1社に限定をせずに高い査定額を出してきた不動産会社の3社程度に絞り込みをして、実際に自宅にて売り出し価格を提示してもらい最も有利と感じた会社と媒介契約を結ぶ方法は推奨できます。土地の公示価格や路線価などを確認するのではなく、周囲の環境や住宅があるピンポイントの条件、近隣エリアで販売されている中古物件の価格を総合的に判断できる会社に任せるとより一層ベストにすることが可能になります。

査定時はここを確認!不動産売却の方法は不動産会社によって違う!

不動産売却とはいっても、依頼をする先の不動産会社の違いによって、その結果もまた大きく違ってくることがあります。まずはその不動産会社が仲介を専門にしているのか、買取を専門にしているのか、あるいは両方に対応しているのかをチェックしてみるとよいでしょう。一般に不動産売却といえば仲介の方法が主流となっており、これは会社側で物件の宣伝活動をして顧客となる個人を見つけ、最終的に売主と買主という個人同士の売買契約を取りまとめる方法といえます。こうした仲介が成功した場合には仲介手数料として物件の価格の数パーセントを会社側は手にすることになります。いっぽうで買取というのは会社側が物件を直接買い取ることをいうのであって、仲介とは違って顧客をわざわざ見つける必要がないのでスピーディーに取引が成立することに最大のメリットがあります。しかし買取は専門知識をもち営利を目的として成立している会社が相手ですので、売却価格はどうしても低くなってしまうのもまた事実です。これらの方法も違いによって、会社側が提示する査定価格にも当然ですがかなりの開きがあります。

不動産会社を選ぶ時は不動産売却する地域を熟知しているか確認するのがポイント!

不動産売却を検討している方は、依頼をする不動産会社の情報を事前確認した上で媒介契約を結ぶことは必須です。依頼すべき不動産会社の条件の中には、その地域を熟知しているかどうかの判断があります。逆に熟知していない不動産会社に任せてしまうと、売れ残る可能性や最初に決めた額面から大きく値引きすることが求められるリスクが出てしまいます。不動産売却をする住宅のエリアに精通している不動産会社であれば、それぞれの物件において売れるエリアと不向きなエリアなども全て把握しているので、最初の売価を決めることと手を加えるべきポイントなど貴重なアドバイスを受けることが可能になります。精通しているかどうかの確認法はインターネットからの情報を集める方法があり、各不動産会社のホームページを確認した際に、近隣エリアでの売買実績が多い不動産会社、他社よりも同等の物件が高く売られているなど確認する情報は得ることができます。後は利用者からの口コミや、ホームページ内に掲載されているアピールポイントまで確認することで失敗を避けられるのではないでしょうか。

不動産売却時の対応をチェック!親身になってくれる会社は信頼度も高い!

不動産売却をするときに専門的にサポートしてくれる不動産会社などのサービスを利用することになりますが、どのような場所でも信頼できるわけではありません。ビジネスとしてやっていることなので、早く売却をしたいと焦っているようなところでサービスを利用してしまうと、相場よりもかなり安い状態で不動産売却をしなければいけないような状態になってしまうかもしれないです。冷静に対処することができないと、そのまま契約が進んでしまい取り返しのつかない状態になってしまうこともありますから、注意が必要になります。 基本的に不動産売却でサポートをお願いする不動産会社は、親身に対応しているようなところを選ばないといけないです。親身にお客さんに寄り添ってくれるところであれば、じっくりと時間をかけて各自が希望する内容で売却をすることができるので、納得した状態で大切な不動産を手放すことができます。何回も経験をすることではありませんから、最初からそのような点を意識して不動産会社を探していくのが大切です。

不動産売却に関する情報サイト
不動産売却について知ろう

このサイトでは、現在所有している不動産を売却したいとお考えの方に最適な不動産売却で失敗しないための基礎知識と不動産会社選びの方法について分かりやすくご紹介しています。売却はできたけれども他社に依頼した方が良かった、このような後悔をしないためにも仲介業者を選ぶときには比較が大切ですし、不動産は地域や売る時期などによっても査定額が変動します。また、不動産を売る方法は仲介だけなく買取業者を使う方法があるなど幅広くご紹介しているので参考にされることをおすすめします。

Search